結婚式のドレス通販。上質なシルクのパーティードレス、フォーマルドレスなら、クラシックダーナにお任せください。

ドレスがTVに登場いたしました!

詳しくはこちらからどうぞ。


メルマガ

商品一覧

お客様のご感想

アウトレット

クラシックダーナについて


ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

クラシックダーナ - Classic Donna

Facebookページも宣伝

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom

結婚のお祝いをいただいたら、結婚内祝いを贈りましょう。お返しする品物と金額、お返しするタイミングをご紹介いたします。

 
「内祝い」とは、自分の家の祝い事の記念として、親しい人に贈りものをすることや、贈られる品のことを言います。
ですが現在では、結婚や出産、入学や進学など、おめでたいことでお祝いをいただいた時の「お返し」としてとらえられている場合が多いでしょう。
結婚内祝いといえば、結婚した二人が、結婚のお祝いをいただいた場合に、そのお返しを贈ることや、お返しの贈り物のことになります。
結婚式に招待しても、何らかの事情でご出席いただけなかった方や、結婚式に招待していない方から、結婚のお祝いをいただくことがありますが、その場合は、結婚内祝いとしてお返しをしましょう。
また、結婚式にご出席いただいた方でも、お渡しした引き出物が、いただいたご祝儀に見合わないと思った場合は、結婚内祝いを贈ると良いでしょう。
結婚のお祝いをいただいていない方に内祝いを贈ることはマナー違反ではないのですが、お祝いの催促と思われてしまうことがありますので、ご注意ください。
 

結婚内祝いで、お返しする金額は?




内祝いのお返しに掛ける金額は、いただいた金額の半額を目安にするのが一般的です。これを半返しといいます。
ですが、いただいたお祝いが高額の場合は、お返しに掛かかる金額が高くなってしまい、返す方も負担がかかりますし、返される方も恐縮してしまうものです。
その場合は、いただいた金額の3分の1ぐらいを目安にお返しすると良いでしょう。
 

結婚内祝いは、いつ贈る?郵送しても大丈夫?




結婚内祝いは、挙式後の1か月以内に、またもし結婚式を挙げない場合は、入籍後の1か月以内に、贈ると良いでしょう。
結婚のお祝いは、結婚式の1か月前から贈られることが多いのですが、それよりも早く贈られた場合は、結婚式の前にお返ししても大丈夫です。
この結婚内祝いの渡し方ですが、本来でしたら、新婚の夫婦が先方へ持参するのが正式な贈り方なのですが、お互いの都合が付かなかったり、先方が遠方にお住まいで、直接手渡しすることが難しい場合があります。
その場合は、配送でお送りしても問題ありませんが、配送する前に、一言お返しの品をお贈りすることをお伝えしておくと良いでしょう。
 

結婚内祝いの品物には何を選ぶ?
 



結婚祝いのお返しは、贈りたい相手や、いただいた金額によって、贈る品物も変わってくるでしょう。
手間はかかるかと思いますが、いただいた方、それぞれに品物を選んでみましょう。
結婚内祝いに人気のギフトは、こちらです。
・お菓子や、その他の食品
有名店のものや、自分では買わないような少し高価なものがよいでしょう。賞味期限が短いものは避けた方が無難です。
・日用品
タオルや食器など、日常で使えるものが人気のようです。
・カタログギフト
相手の好みがわからない場合にはおすすめです。