結婚式のドレス通販。上質なシルクのパーティードレス、フォーマルドレスなら、クラシックダーナにお任せください。

ドレスがTVに登場いたしました!

詳しくはこちらからどうぞ。


メルマガ

商品一覧

お客様のご感想

アウトレット

クラシックダーナについて


ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

クラシックダーナ - Classic Donna

Facebookページも宣伝

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom

結納で交わす結納品について。結納品の意味と、地域毎の結納品の種類、便利な結納セットをご紹介いたします。

 
結納は、婚約の成立を確約するために、両家が贈り物を収め合う儀式のことですので、お互いに贈り合う結納品が必要です。
では、結納では何を相手に贈ればよいのでしょうか。
複雑なしきたりで、結納することに敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、ご心配は無用です。
現在は便利な結納品セットもありますので、利用してみると良いでしょう。 結納品とその意味、地域によって贈られる結納品の種類をご紹介いたします。
 

相手側の家には何を贈る?結納品の種類をご紹介いたします。






結納品は、縁起物としてそれぞれに意味が込められています。
関東式、関西式、九州式の3つに分かれていますので、まずはどの方式を採用すれば良いのか、両家の両親に相談してみましょう。
関東式は男女とも平等に収め合い、結納品は武家発祥で比較的質素であるのに対し、関西式は男性側が女性側に収めるものと考えられており、結納品は比較的豪華なものとなっています。
また九州式は結納のしきたりをとても重んじる地域で、結納の前にお酒や、鯛などを持参する習慣があります。

・熨斗(のし) 本来はアワビを薄く伸ばしたものですが、現代ではのし袋の飾りにもなっています。真ん中の黄色い部分がアワビを型取った部分です。不老長寿を表しています。

・結納料(ゆいのうりょう) 結納金のことで、「金包(きんぽう)」、「小袖料(こそでりょう)」、「帯料(おびりょう)」とも言われます。昔はお金の代わりに着物や帯を贈っていたので、この名前があります。

・松魚料(しょうぎょりょう) 現物で魚(鯛)を贈る代わりにお金を贈る場合に贈られます。お食事代のことです。 関東では勝男武士(かつおぶし)が贈られます。 ・家内喜多留(やなぎだる) お酒を入れた樽のことです。かつては柳の樽にお酒を入れて収めていました。 漢字が表すがごとく、「家内に喜びが多いように」との願いが込められています。

・高砂(たかさご) 尉(じょう)と姥(うば)と呼ばれる、白髪の男女の人形です。共に白髪がはえるまで仲睦まじくいられるようにと、願いが込められています。

・寿留女(するめ) 長期に保存できることから永久不変の意味があり、幸せな結婚生活が長く続くようにとの願いが込められています。

・結美和(ゆびわ) 婚約指輪のことで、月桂樹の葉の付いた枝で作った冠を模した飾りが使われます。結美和の漢字は、縁起の良いものが使われています。

・松竹梅(しょうちくばい) 水引で作った、松竹梅の飾りです。松には永遠の繁栄、竹には節度や成長、梅には忍耐強さの意味があります。

・末広(すえひろ) 一対の純白の扇子です。純白は純潔を表し、扇子の形は末広がりを意味します。

・子生婦(こんぶ) 「喜ぶ」を意味するとともに、昆布には繁殖力があることから子宝に恵まれるようにとの願いが込められています。 ・友白髪(ともしらが) 白い麻糸を束ねたもので、ともに白髪が生えるまで、麻糸のように強い絆で結ばれ、仲良く長寿をまっとうするようにとの願いが込められています。

・目録(もくろく) 結納品の内容を書いたもので、地域によっては品数に数えないところもあります。
 

地域によって贈られる結納品の種類は異なっています。地域ごとの結納品をご紹介いたします。

 



 
関東式、関西式、九州式の結納品があります。
それぞれの様式で行われる結納品はこちらの通りです。

関東式では、長熨斗(ながのし)、末広(すえひろ)、結納料、子生婦(こんぶ)、寿留女(するめ)、家内喜多留(やなぎだる)、友白髪(ともしらが)、勝男武士(かつおぶし)に目録を合わせた9品目が収められます。

関西式では、熨斗(のし)、末広(すえひろ)、結納料、松魚料(まつぎょりょう)、子生婦(こんぶ)、寿留女(するめ)、家内喜多留(やなぎだる)、結美和(ゆびわ)、御高砂(おんたかさご)の7品目に、柳樽料(やなぎだるりょう)、松竹梅 、目録を合わせて収められます。

九州式では、熨斗(のし)、御知家(おちゃ)、末広(すえひろ)、結納料、子生婦(こんぶ)、寿留女(するめ)、家内喜多留(やなぎだる)、友白髪(ともしらが)、結美和(ゆびわ)の9品目と目録が収められます。 九州式の結納品に含まれる御知家(おちゃ)とは、お茶のことで、一家の繁栄の意味が込められています。
 

略式結納をする場合は、結納品に何を贈れば良いのでしょうか?
 



略式結納の場合の結納品は、全国的に、熨斗(のし)、御知家(おちゃ)、末広(すえひろ)、結納料、御鯛料(おんたいりょう) 、子生婦・寿留女・友白髪(こんぶ・するめ・ともしらが)、内喜多留(やなぎだる)、結美和(ゆびわ)、鶴亀(つるかめ)の9品目に目録と松竹梅の飾りを収めることになっています。
御鯛料とは上記の松魚料(しょうぎょりょう)のことです。
また、鶴亀は水引で作られた飾りで、鶴は千年生きるとされる、おめでたい鳥であり、愛の深い鳥でもあります。
また、亀は万年生きるめでたさと、一歩一歩、休まずに幸せを築いて欲しいという願いが込められています。

結納品は、地域ごとの結納セットの他に、略式結納用の結納セットが販売されています。
二人の結納をどの方式で行うかを決めたら、結納セットを利用してみるのもおすすめです。